​​

ふるさと納税 さとふる
ふるさと納税!さとふるが簡単!


年金は雑所得として扱われ、所得税と住民税がかかります。
そこで少しでも節税して手取り額を増やすための手段として「ふるさと納税」を活用する方法があります。



例えば、65歳以上の年金受給者の場合で年金収入のみであれば、その年金受給額がおよそ160万円以上でふるさと納税の寄付金控除を受けられます。

この金額以下だと納めるべき所得税額も住民税額も0円のため、ふるさと納税の節税メリットはありません。

この点について、ふるさと納税の各ポータルサイトを見比べて「さとふる」のサイトで丁寧にまとめてました。参考になります。

コチラです>>所得が年金の方、自営業者の方のふるさと納税控除上限額について


なお、雑所得の年金以外に「不動産所得」や「給与所得」がある場合、ふるさと納税のふるさと納税でメリットを得られる寄付金額の上限額(=寄付限度額)はそれらを合算した所得に基づいて算出されるので、寄付金控除が可能になるケースがあります。

 


ふるさと納税 さとふる
簡単!4ステップでふるさと納税

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【こんな方にオススメの参加無料セミナーです】

  • コロナの影響や災害で大きな被害を受けた生産者を助けたい
  • ふるさと納税、何から始めたらいいかわからない
  • どのくらい節税効果が期待できるの︖
  • どの返礼品を選べばいいかわからない
  • 確定申告は必要︖⾯倒な⼿続きはあるの︖

 

この参加無料セミナーで

  1. ふるさと納税の正しい始め方がわかります。
  2. 自分に合った返礼品の選び方がわかります。
  3. 年収と環境からどのくらいの節税効果が期待できるかわかります。
  4. ふるさと納税以外の節税対策も学べます。

 

【このサイトの管理人】

両親へのギフト(お歳暮)に「ふるさと納税」を利用してます。

寄付を受ける自治体もハッピー、特産品がもらえる両親もハッピー、節税できる私もハッピー♪

ふるさと納税は「三方ヨシ」の制度ですね

 

【お得な情報です】

 

 

こんな「ふるさと納税」のポータルサイトもあります。

ふるさと本舗
ふるさと本舗

↑「特産品」に特化してます。



わが街ふるさと納税
わが街ふるさと納税

↑「お肉」や独自にピックアップしたオススメのものだけを紹介してます。



au PAYふるさと納税
au PAYふるさと納税

↑「auユーザー」なら入力や決済がラクですよ!



ふるサポーターズ
ふるサポーターズ

© 2021 ふるさと納税 おすすめ rss