楽天市場

 

「楽天ふるさと納税」はポイント還元率が最大30%受けられるので非常に魅力的なふるさと納税ポータルサイトです。

また、既に楽天市場の会員であれば新たにふるさと納税サイトに登録する必要もなく、使い慣れた楽天市場の画面と機能でふるさと納税を行うことができますし、既にたまっている楽天ポイントを利用することができます。
さらに、寄附金額に対しても楽天ポイントを新たにGETすることができます。

ただし、そんな魅力的な「楽天ふるさと納税」でも気をつけておかなければならない点があります。

1.控除上限額を超えない

楽天ふるさと納税に限ったことではなく、ふるさと納税で税金控除を行うには限度額があります。
控除の限度額を超えた寄附を行った場合、その分は自己負担となって単なる「お取り寄せ」となってしまいます。

控除の限度額は自身の年収や家族構成によって異なるので、ふるさと納税を行う前には必ず確認するようにしましょう。

限度額を計算できるシミレーターはコチラ>>


2.申請を忘れない

ふるさと納税は行っただけでは寄付金は控除はされず、申請を行う必要があります。
これも楽天ふるさと納税に限ったことではありませんが大事なことです。

申請方法は「ワンストップ特例制度」か「確定申告」の選択になります。
ふるさと納税ポータルサイトを利用する場合、どのサイトにもワンストップ特例制度を利用するかどうかのチェックボックスがあるので忘れずチェックするようにしましょう。

ワンストップ特例制度についてはコチラ>>


3.ポイントの有効期限に注意

楽天ふるさと納税で付与される楽天ポイントは期間限定ポイントです。
そのため、約1か月後には楽天ポイントが失効してしまうので有効期限には要注意です。

楽天ポイントの使い道としては次の「利用」「交換」があります。

  • ポイントカード加盟店で利用する
  • 楽天サービスで利用する
  • ふるさと納税で利用する
  • 楽天ペイで利用する
  • ギフトカードに交換する



4.Amazonギフト券はもらえない

Amazonギフト券が欲しいなら「さとふる」「ふるなび」「 ふるさとプレミアム」の利用がオススメです。
 

 

 

楽天市場

 

 

 

【こんな方にオススメの参加無料セミナーです】

  • コロナの影響や災害で大きな被害を受けた生産者を助けたい
  • ふるさと納税、何から始めたらいいかわからない
  • どのくらい節税効果が期待できるの︖
  • どの返礼品を選べばいいかわからない
  • 確定申告は必要︖⾯倒な⼿続きはあるの︖

 

この参加無料セミナーで

  1. ふるさと納税の正しい始め方がわかります。
  2. 自分に合った返礼品の選び方がわかります。
  3. 年収と環境からどのくらいの節税効果が期待できるかわかります。
  4. ふるさと納税以外の節税対策も学べます。

 

【このサイトの管理人】

両親へのギフト(お歳暮)に「ふるさと納税」を利用してます。

寄付を受ける自治体もハッピー、特産品がもらえる両親もハッピー、節税できる私もハッピー♪

ふるさと納税は「三方ヨシ」の制度ですね

 

【お得な情報です】

 

 

こんな「ふるさと納税」のポータルサイトもあります。

ふるさと本舗
ふるさと本舗

↑「特産品」に特化してます。



わが街ふるさと納税
わが街ふるさと納税

↑「お肉」や独自にピックアップしたオススメのものだけを紹介してます。



au PAYふるさと納税
au PAYふるさと納税

↑「auユーザー」なら入力や決済がラクですよ!



ふるサポーターズ
ふるサポーターズ

© 2021 ふるさと納税 おすすめ rss